法教育

  1. HOME
  2. 法教育

法教育推進事業

当会では、法教育の推進のため、次の3つの活動を行っています。

法教育3つの活動

一日司法書士

対象:高校生 開催予定時期:8月

※令和2年度の一日司法書士はコロナウイルス感染拡大防止及び各学校の夏休み期間の変更のため中止とさせていただきます。

司法書士の日である8月3日に合わせて、司法書士のことを知り、将来の職業としての選択肢としてもらうため、司法書士業務の一日体験会を行っています。
普段見ることができない法務局や裁判所の見学、司法書士の仕事の体験ワーク、寸劇の鑑賞などを行います。
開催日程が決まりましたら、各高校にチラシをお送りしますので、直接お申込いただくか、高校を通してお申し込みください。

子ども法律教室

対象:小学4年生、5年生 開催予定時期:3月

紙芝居を使い、子どもたちが持っている「ちから」を引き出すワークを行います。
毎年多くの子どもに参加していただき、好評で、「また出たい!」といった感想が多く寄せられています。
開催日程が決まりましたら、各小学校にチラシをお送りしますので、直接お申し込みください。

法律講座

対象:中学生、高校生、専門学校生 開催予定時期:随時

※令和2年度の実施につきましては、ご依頼内容(日時、人数等)を検討の上、ご要望に沿えないことがございますこと、ご理解下さいますようお願い申し上げます。
申込用紙はこちら
中学校用
高校用
専門学校用

中学や高校、専門学校に出向いて講義を行う出張講座形式の法律講座を行っています。
これは、生徒たちが社会に踏み出す前に、契約とはどのようなことかを知り、また、消費者金融、クレジットや悪質商法など、社会に存在する消費者問題について社会に出る前に知ってもらうことを目的としています。

お知らせ

現在お知らせはありません。

現在お知らせはありません。

実績

令和元(平成31)年度 : 専門学校開催で375名、高等学校(7校)開催で532名、中学校(4校)開催で651名、合計1558名が受講され、 また、中学校のための仕事博覧会(ワークショップセミナー)に参加、中学校の地域調査に協力いたしました。

平成30年度 : 専門学校開催で250名、高等学校(3校)開催で332名、計582名が受講され、その他、宮城県障害者福祉センター、みみサポ宮城主催で開催いたしました。

平成29年度 : 専門学校開催で233名、高等学校(2校)開催で191名、宮城県障害者福祉センター開催で34名が受講されました。

平成28年度 : 3校で開催し、384名の生徒が受講されました。

平成27年度 : 3校で開催し、384名の生徒が受講されました。

平成26年度 : 1校で開催し、約20名の生徒が受講されました。

平成25年度 : 7校で開催し、約585名の生徒が受講されました。

平成24年度 : 3校で開催し、約343名の生徒が受講されました。

平成23年度 : 8校で開催し、約1157名の生徒と15名の教職員が受講されました。

平成22年度 : 5校で開催し、約740名の生徒が受講されました。

平成21年度 : 5校で開催し、約419名の生徒が受講されました。

平成20年度 : 7校で開催し、約1404名の生徒が受講されました。

平成19年度 : 4校で、延べ7回開催し、約500名の生徒が受講されました。

平成18年度 : 10校で、延べ16回開催し、約1300名の生徒が受講されました。

平成17年度 : 9校で、延べ10回開催し、約1700名の生徒が受講されました。

平成16年度 : 6校で開催し、約1400名の生徒が受講されました。

平成15年度 : 4校で開催しました。

平成14年度 : 7校で開催し、約2100名の生徒が受講されました。

平成13年度 : 8校で開催しました。

平成12年度 : 5校で、延べ6回開催し、約470名の生徒が受講されました。